環境への取り組み

HOME > 企業情報 > 環境への取り組み

いまできることから

地球環境保護を重視する日本フリーザーでは、2000年2月よりノンフロン冷蔵庫の販売を開始しました。
冷蔵庫の断熱材や冷却用冷媒等として利用されているフロンガスは、「オゾン破壊物質を規制するモントリオール議定書(1987年9月)」の採択により、規制されるようになりました。これを受け、我が国では「オゾン層保護法(1988年)」に基づき、フロンのCFC類は1995年末に生産・消費が全廃され、HCFC類は2020年に実質全廃される予定となっております。また、モントリオール議定書では対象外になっていた代替フロン(HFC類)についても、1997年12月に採択された「気候変動枠組条約/京都議定書」において、高い温室効果ガスとして位置付けられ、CO2と並ぶ規制対象となりました。これを受け、我が国では2001年4月には「家電リサイクル法」が、2002年4月には「フロン回収破壊法」が施行され、フロンガスの回収及び破壊が義務付けられるようになりました。
  いまできることから
このような背景の中、注目を集めたのは、オゾン層を全く破壊せず、温室効果が極めて小さく、さらにはエネルギー効率の高い炭化水素系のイソブタン(R-600a)でした。 弊社では、環境先進国ドイツの主要冷蔵庫メーカーとの技術提携により"環境負荷の低減"、"省エネ"を徹底追求し、このイソブタン(ノンフロン冷媒)を用いた冷蔵庫の販売を実現しました。
このノンフロン冷蔵庫は、冷却効率の高いイソブタンの使用により、冷媒封入量が従来の代替フロンの1/2~1/3程度で済み、また消費電力も50%以下に低減させることが可能になります。
近年我が国においても、環境認識の高い欧州諸国の影響を受け、国民全体の環境意識が高揚してきております。 また各団体においても、ISO-14000シリーズの取得やグリーン購入法(2001年4月施行)へ対応が盛んになってきており、これらの支援製品として、ノンフロン冷蔵庫の必要性は益々高まってきております。

ノンフロン製品ランナップ

「Fun to Share」に参加しています
「Fun to Share」に参加しています
「Fun to Share」のホームページ
 
日本フリーザーでは、これまでに環境省が展開する地球温暖化防止国民運動「チーム・マイナス6%」、「チャレンジ25キャンペーン」に参加してきましたが、2014年10月に「Fun toShare」への移行手続きを行い、低炭素社会の実現に向けて、全社一丸となって取り組んでまいります。
 
「Fun to Share」とは・・・
最新の知恵をみんなで楽しくシェアしながら、低炭素社会を作っていこうよ!という合言葉です。企業、団体、地域社会、国民一人ひとりが連携し、豊かな低炭素社会づくりに繋がる情報・技術・知恵を共有し、連鎖的に拡げることで「ライフスタイル・イノベーション」を起こし、日本発で世界に広げ、低炭素社会を実現しようしようという取り組みです。

製品に関するお問い合わせはこちら

お問い合せはこちら

03-3831-7643
受付時間:平日(月~金)9:00~18:00

日本フリーザーの製品は
販売代理店でもお求めになれます

お問い合せはこちら